ランナー膝予防方法〜パート3〜

2016.08.30

みなさんこんにちは!京都市南区平川接骨院の吉村です。

今回は以前ご紹介しました、ランナー膝の予防方法についてご紹介します♪

 

ランナー膝とは、ランニングや膝の曲げ伸ばしの繰り返し動作により、

膝の外側(腸脛靭帯付着部)に炎症が起きることによって痛みが発生することをランナー膝といい、

腸脛靭帯、大腿筋膜張筋という筋肉のストレッチ方法をご紹介致しました。

今回もランナー膝を予防するのに重要な大殿筋という筋肉のストレッチ方法をご紹介します!

 

大殿筋は、仙骨から始まり腸脛靭帯に移るため、ランナー膝を予防するうえで重要な筋肉です。

daidennkinn.png

 

☆大殿筋に対するストレッチ方法☆
daidennkinnsutoretti.png

注意

痛みの出ない範囲で行いましょう!

長時間の伸ばしすぎは筋肉を痛めてしまうので、伸ばしすぎには注意しましょう!


ストレッチは予防には効果的ではありますが、痛みを根本から取り除くには

しっかり治療することが重要です!

一度平川接骨院にお越しください。

治療方法はコチラ

 

平川接骨院/針灸治療院(南区本院)

京都市南区西九条西柳ノ内町28−5

075−691−6790

 京都市南区の平川接骨院のアクセスはコチラ