京都市南区 平川接骨院のランナー膝に対する治療

このような症状でお困りではないですか?
  • 走ると膝が痛い
  • 膝の曲げ伸ばしで痛みがでる
  • 体重が乗った時に膝が痛む
  • 正座がしにくい
  • 膝関節の外側2〜3センチ上に痛みがでる

 

腸脛靭帯炎はなぜ起こるのか?

腸脛靭帯は太ももの側をおおっている長い靭帯で、腸骨(骨盤の骨)から太ももの真横を通り脛骨(すねの骨)に付着し、膝の外側の安定を保つ役割を果たします。腸脛靭帯には大腿筋膜張筋と大殿筋が付着しており、長時間のランニングや階段の昇り降りなどで体重が外側にかかることが多くなると大腿筋膜腸筋や大殿筋に負担がかかり、その結果腸脛靭帯にも負担を与えてしまうのです腸脛靭帯が張った状態になると、膝の曲げ伸ばしの動作を繰り返すことで大腿骨と擦れて摩擦を起こし、炎症が起きてしまいます。これが腸脛靭帯炎です。また、ランナーに多いことから「ランナーズニー」・「ランナー膝」とも呼ばれています主に使い過ぎによる柔軟性の低下や走行フォーム・走る場所が原因となりますが、バスケットボールや登山・自転車など片足に体重が乗りやすいスポーツでも腸脛靭帯炎を引き起こしてしまいます。

 rannna-hiza.jpg

 

腸脛靭帯炎が治らない理由・悪化する理由

大腿筋膜腸筋や大殿筋の柔軟性の低下が原因なのはもちろんですが、最近では腸脛靭帯の炎症以外にも、体重を支えるための股関節周りや膝、足首の筋肉の疲労や過負荷によって出来たトリガーポイント(痛みの原因となる筋肉のしこり)による関連痛で腸脛靭帯に痛みを引き起こす筋筋膜性疼痛症候群(MPS)を併発することも分かっています。先ずは原因となっている筋肉の柔軟性をだすことが重要となります。

 rannna-hiza2.jpg

  

当院ならではの腸脛靭帯炎の治療方法

直接の原因となる大腿筋膜張筋や大殿筋の治療だけでなく、痛みを誘発しているトリガーポイントをしっかりと探し当て、取り除いていくことが症状改善につながります。また、トリガーポイントに対しての鍼治療や、痛みの強い部分へはレーザーを照射し、血流改善や除痛を行います。 

矢印.jpg

トリガーポイント治療バナー.png