交通事故による首肩背中の症状について

交通事故で一番多い症状が首から肩のこり感や背中の症状です。

強く当たられたわけではないのに、首が痛くなり背中が張ってきたという方もとても多いです。
むち打ちって何でこんなにつらいの?と本当に嫌になりますよね。

 

頭の重さは体重の約10分の1もあり、その重みを支えているのが細い首です。
事故の衝撃により、重たい頭が振られて首、肩、背中の筋肉が引きちぎられそうになります。

その時、体の防御反応が働き、ぐっと首の筋肉に力を入れて引き伸ばされるのを防ごうとします。

この体の反応により首の前後の筋肉が急激に硬くなり緊張状態になります。


硬く伸び縮みしなくなった筋肉は動かすと痛いので首、肩、背中へと緊張が広がり、血流が悪くなります。
すると痛みが増悪するという悪循環が生まれてしまうのです。 


体の防御反応による緊張はまず体の前側に発生します。

ほとんどの方は首、肩、背中の後ろ側に症状を感じられていると思いますが、この防御反応による筋緊張の仕組みを知っていれば首、肩、背中の前側の筋肉への治療が必要なのはわかりますよね。

平川接骨院/針灸治療院では硬くなった筋肉がどこなのかを見極めて、患者さんの一番の辛さを出している筋肉の血流を改善するような治療を行うのは勿論、こうした体の仕組みに基づいた治療を行っております。

交通事故後から首の痛み、肩こり、背中の辛さが出てきたという方は放っておかずに、少しでも早く治療を行うことが大切ですのでぜひ一度ご相談下さい。

京都市南区 平川接骨院 交通事故の治療に来られたお客様の声

非常に安心感があります。
(53歳 男性 京都市南区)

自身、自転車に乗ってて一旦停止不履行の車と接触・転倒し膝と臀部を打ちました。整形外科で靭帯・骨に異常は見られず、打撲と診断されましたが痛みは続き平川接骨院さんに来ました。触ることで中の様子を説明してもらいそれに合った治療をしてもらい少しづつ回復。自分の痛みと先生の言われることが合っているので非常に安心感が有ります。こまめに通うのが一番です。

匿名M.jpg

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

交通事故で来院しました。
(35歳 女性 京都市南区)

交通事故で来院しました。保険会社との治療費などの話も直接していただけるので助かっています。整形外科では痛み止めの薬をもらい出た痛みを止めることしかできなかったがこちらでお世話になり治療を積み重ねるうちに痛みやしびれも楽になってきました。昨日今日の変化は気づきにくくても間をあけずに根気よく治療して頂くことで日常生活や仕事もスムーズにできる様になりました。スタッフの皆さんもとても明るく気さくな方ばかりで院内の雰囲気もとても感じが良いです。

匿名N.jpg

 

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。