腰痛治療について

治療は痛くないの?

まず大事なのはしっかりとした検査法で原因となっている筋、あるいは筋群を特定することです。そのうえで痛みの原因が筋肉の損傷であるのか、筋肉の過緊張であるのかなどを判断し治療します。

実際の治療は骨を矯正するわけでもバキバキと音を鳴らすわけでもありませんので、 痛みもなくどなたでも安心して治療を受けていただけます。

 

どれくらいで治るの?

急性のぎっくり腰や病院でヘルニアですと言われたけど何もしてもらえなかった・・・

といった方なら、通常1回から3回の治療で痛みは半分以下になります。

背骨の関節や骨盤の関節の動きが悪い方は少し時間がかかることもあります。

 

脚までしびれるんだけど…。

脚のシビレもほとんどの場合腰や股関節周りの筋肉が原因です。

脚が動いていれば神経は一切問題ありませんのでご安心ください。

 

平川接骨院の腰痛治療の秘密。

ぎっくり腰やヘルニア、脊柱管狭窄症や背骨の変形による腰痛などなど数々の腰痛患者さんに信頼して通院していただいてるにはわけがあるんです。

根本の原因からしっかり治療する!これはもちろんなんですが・・・

上記のような腰痛の原因は実は・・・・・お腹側の筋肉にあるんです。

だから、腰痛なのに腰を触らないこともよくあります!

何だか不思議に思うかもしれませんが腰痛でお困りの方は是非腰痛治療の真髄を体験してみてください。

痛みを根本から治療するために。

カラダの痛みの多くは体内から出た「痛みの原因物質(=発痛物質」が神経の端のセンサーを刺激しているために起こります。この「発痛物質」が出てくる理由はカラダが傷ついたために起こる「酸欠というダメージ」なのです!

 

この「酸欠ダメージ」が繰り返されたり、筋肉を使い過ぎて筋肉を傷つけてしまうとトリガーポイントと言われる筋肉の固まりが発生し、「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みやしびれを伴う病気となります。

 

そうならないためにも「痛みの悪循環」を早期に止める必要があるのです!

 悪循環図.png
痛みの悪循環:このサイクルをどこで効果的に止めるかが大事です!


患者さまと一緒に痛みの悪循環に立ち向かいます!! 

 

矢印.jpg

トリガーポイント治療バナー.png